スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEN JAPAN

<魂の危機を超えて>
現代社会では、こころの危機が広く、深く広がっていると言われています。それと共に、精神科を受診し、投薬を中心とした治療を受けるという対応のしかたも定着してきました。けれども、心理的プロセスを抑圧する、投薬を中心とした治療には限界があるといえるでしょう。

なぜなら、「病い」と見なされる症状の中には、こころの成長にとって大切な揺らぎのプロセス(「スピリチュアル・エマージェンス」)があるからです。

こうした揺らぎはときに振幅が大きく、急に進行するため、「危機(エマージェンシー)」と感じられます。

けれどもSEN(スピリチャル・エマージェンシー・ネットワーク)においては、「危機」には「機」(可能性)が含まれていると考え、こうした揺らぎを成長のためのチャンスととらえます。

そもそも伝統的社会の中では、こうした揺らぎのプロセスを支える「こころの知恵」もありました。今、私たちに必要なのは、「正常」の枠を広げた幅広い人間観をもち、個々の人間のさまざまな可能性をサポートすることであると思います。

SENでは、こうした揺らぎのプロセスがもつ可能性についての理解を深め、広げると共に、ケアのサポートをする活動を行っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。